店舗管理システム

サービス業もシステム化

店舗管理システム、ネットワーク構築の方法

複数店舗を抱える企業では、本部と店とのデータ共有をするために、店舗管理をシステム化する必要があります。

 

そこで店舗管理システムのネットワーク構築が必要になってくるのですが、光回線を利用する企業が増えてきています。

 

以前はISDN回線を利用していた企業も、光回線のインフラ整備が整ってきたことにより移行することも増えています。

 

昔は遠く離れた地域とデータをリアルタイムで共有することは難しかったものです。

 

何故なら使用しているソフトや機械が違うと、連携が取れなくなってしまうからです。

 

今ではブロード回線が進化して、店舗を本部が遠隔監視ということも簡単にできるようになっています。

 

店舗管理システムのネットワーク構築をするときに、既存の光回線を使うことはセキュリティ的に心配だという意見もあります。

 

しかし、だからといって専用回線を敷く訳にはいかないですよね。

 

そこでVPNというサービスが便利なのです。

 

VPNとはインターネット回線などを、専用回線のように利用できるシステムです。

 

つまり、共有のネットワーク上に専用のネットワークができるということです。

 

セキュリティを高める目的で、店舗管理システムにもこのVPNのサービスを取り入れている企業は多いです。