店舗管理システム

サービス業もシステム化

店舗管理システムをクラウド化するメリット

今、大手飲食チェーンの企業も、店舗管理のシステムをクラウド化しています。

 

それどころかスーパー、ドラッグストアなどのチェーン店も同様に、続々とクラウド化しています。

 

クラウドとは雲を意味する英単語だということは良く知られていますが、ネットを雲と例えています。

 

クラウド化とは、データをネット上で管理することです。

 

チェーン店を多く抱える企業は、同時に膨大なデータも抱えています。

 

その膨大なデータをすべて企業のコンピュータで保管するとなると、かなり大変な作業になってしまいます。

 

さらに在庫管理や顧客管理など、様々な店舗管理業務をチェーン店と本部で連携できるようにするには、大がかりなシステムを導入しなくてはいけません。

 

それではかなりコストがかかってしまいます。

 

その店舗管理システムをクラウド化すると、膨大なデータの管理はクラウド上ですればいいので、手間が省けます。

 

会社のパソコンはネット環境さえ整っていればいいということになります。

 

店舗管理だけではなく、シフト管理などもクラウド化する企業も増えていて、従業員は個々の携帯やスマートフォンといった端末から、自分のシフトや給料を確認することもできるようになります。