アパレルの店舗管理システム

投稿者: | 2012年11月7日

 

アパレル業界でも店舗管理システムを導入することで、スムーズな店舗管理ができるようになります。

 

アパレル店で管理したい情報は、以下の通りです。

 

・色・サイズ別での在庫管理

 

・顧客管理(DM送付などに役立つ)

 

・売上管理(掛け、入金管理など)

 

・出荷伝票など伝票類を出力

 

アパレルといえば、商品をサイズ・色別に管理するのが大事ですね。

 

服であればSMLという展開になりますが、靴であれば0.5cm刻みでもっと細かくなります。

 

売れ筋商品であれば、在庫が少なくなったときにどんどん仕入れて販売していきたいものです。

 

取引先別に在庫数量が管理できれば、発注作業もスムーズになります。

 

また、商品数や店舗数が多い会社だと、商品の在庫管理はシステムで行ったほうが断然便利です。

 

手作業で在庫管理すると、棚卸の度に店を閉めなくてはいけませんし、人為的ミスも発生し易くなります。

 

在庫管理がスムーズになれば、それほど経験の無い従業員でも発注作業に関わることができます。

 

また、商品別の売上集計を出力することで、販売の計画を立てることにも役立ちます。

 

店舗管理をシステム化することで、棚卸作業の簡略化、売上分析、発注作業の簡略化、顧客管理と様々な面で役立ちます。